ヒアルロン注射を顔にした体験談|私はこうやってほうれい線を薄くした!まとめ

【52歳女性】
年齢を重ねるごとに、シミやシワ、たるみなどの年齢肌の悩みがどんどん増えてきたのですが、最も気になっていたのがほうれい線です。

美顔器を使ったり、ほうれい線ケアの為のマッサージを行ったりしていたのですが、なかなかほうれい線が薄くなってくれませんでした。

ある日、ふと鏡を見た時に、ほうれい線が深い自分の顔がかなり老けて見えて、なんだか悲しくなってきました。

そして、なんとかしてほうれい線を薄くしたいと思い、ヒアルロン酸注射をしたいと思ったのです。

私がヒアルロン酸注射の施術を受けたのは、美容クリニックです。

最初にドクターとのカウンセリングを受けて、ヒアルロン酸注射の効果や注射をする位置、どのようにしてほうれい線が目立たなくなるのかなど、詳しい説明を受けました。

そして次に、ヒアルロン酸の種類や効果の持続期間、値段などの説明を受けてヒアルロン酸の種類を選択しました。

その際に、痛みを緩和する為の笑気麻酔や、痛みを感じにくい注射針などのオプションの説明も受けました。

初めてのヒアルロン酸注射で痛みの不安もあったので、できるだけ痛みを感じないように、それらのオプションも追加しました。

準備ができたら診察室に入り、最初に笑気麻酔をしました。

麻酔ガスを鼻から吸うのですが、次第に体が温かくなるような感じがして、お酒に酔ったような感覚になってきました。

麻酔が効いてきたことを確認した時点で、ほうれい線の下のあたり、口の横に当たる部分に注射針をさして、ヒアルロン酸を注入しました。

何かが入っていくという感覚がわかり、麻酔をしているにも関わらず結構痛みがありました。

片方のほうれい線のヒアルロン酸注射が終わって鏡を見たら、明らかにほうれい線が薄くなっていたのには驚きました。

そして、もう片方のほうれい線にもヒアルロン酸注射をして施術は完了です。

ヒアルロン酸注射をしてから1週間くらいは、注入した部分に少し腫れが残っていて、異物が入っているという感覚が残っていました。

針を刺した穴は、全くと言っていいほど残っていませんでした。

腫れも異物感も次第に治ってきて、副作用は全くありません。

ヒアルロン酸注射の効果の即効性に、大満足しています。
【33歳女性】
私はゴルフのティーチングプロとして働いており、普段は強い紫外線の下にいることが多いのが現状です。

日焼け止めを頻繁に塗って対策はしていますが、肌への負担はどうしても大きくなってしまいます。

特に30代になって感じたのが目尻の部分のしわです。

私の母も目尻のしわがあるので、きっと遺伝だと思いますが、一度このしわがあってから気になってしまいいろいろな対策をしましたが、なかなかこれといった効果を得ることが出来ませんでした。

に私が困っていたのが、私自身の結婚式があったという事です。結婚式自体もそうですが一生残る結婚式の写真で、何とか目尻のしわを隠したいと思いました。

その頃、私の友人がヒアルロン酸の注射でリフトアップをしたという話を聞きました。

私自身としては顔に注射をすると考えただけで怖かったので現実的には最初考えていませんでした。 ですが、結婚式が迫ってくる中で、藁にもすがる気持ちでヒアルロン酸注射を受けることにしました。

実際にクリニックに行って、目尻のしわを見せたところ、ヒアルロン酸の注射の効果はすごいですよと励ましてくれました。

実際に両側の目尻のしわにヒアルロン酸を注射したら、今まであったしわが全く目立たなくなりました。

もちろんじっくりと観察したら、まだしわの原型はありますが、遠くで見たり、写真を撮って見る分には、しわが目立たなくなりましたのでとても嬉しかったです。

ヒアルロン酸の注射の痛みですが、人によっては痛いと思う人もいるようですが私にとっては「チクッ」という感触があるだけで、まったく痛みという痛みは感じませんでした。

結婚式の写真の時には、しわもなく旦那さんからも「なんか若返ったようだね」と褒めてもらい最高の笑顔で撮影を終えることが出来ました。

注射をしてから約9カ月ほどたちますが、まだその効果はあります。これほどの効果があるなら顔の他の部分にもヒアルロン酸を注射しようかなと考えています。


赤ら顔を治す方法|私はこうやって赤ら顔が治った!体験談