ニキビをレーザー治療で治した体験談|私はこうやってニキビを治したまとめ

【25歳男性】
私は10代のころはニキビがなかったのですが、20代前半からいわゆる大人ニキビに悩まされるようになってきてしまいました。

そしてそのニキビが厄介で、肌がボロボロになり凹凸が目立つようになってきてしまったのです。

この状況をどうにかしようと思っていろいろな薬を試しましたが私には効果がありませんでした。

男性でニキビ跡の事を考えるのは女々しいと思われるかもしれませんが、私は役者のたまごをしており、ニキビ跡が多いとオーディションに受からないことが多いのです。

それで同じくニキビで悩んでいた女性の先輩に相談するとレーザー治療を勧めてくれました。

レーザー治療でニキビの跡が改善するかどうかも疑問でしたし、男性の私がレーザーを受けるのもどうかと躊躇していました。

しかし実際にレーザー治療を行っているクリニックに行くと私以外にも男性のお客さんがいて安心しました。

レーザー治療の方法ですが、ニキビ跡の部分にレーザーを当てていくという方法を選択しました。

その方法はフラクショナルCO2レーザーというらしいですが、説明では、このレーザーでニキビの跡をきれいにするというイメージよりはニキビ跡にレーザーで刺激を与えて、肌の本来の力でニキビ跡をきれいにするという方法でした。


この方法なら、レーザー治療という得体のしれないと思っていた治療法ですが、安心できる方法だと感じました。
実際にレーザー治療を受けてみると、痛みを感じました。

最初から痛みはある程度感じると言われていましたが、針で刺されているような感覚があり最初は「うっ」となっていました。

しかしその痛みにもだんだんと慣れてきて、それほど痛みを感じなくなりました。そのレーザー治療を受けた日は顔が腫れていましたが、その後は腫れも引いてきました。

レーザー治療を行ってから何日かして、肌がボロボロになった時は心配しましたが、その後きれいな肌に生まれ変わり今ではニキビ跡がほとんど目立たなくなりました。

【33歳女性】
去年の暮の事でした。仕事の事、家族の事、お金のことで非常に大きなストレスを抱えていたら今までにできたこともないほどの大きなニキビが鼻の下に出来てしまいました。

表現は汚いですが、非常に大きな鼻くそ大の大きさで、誰が見ても非常に目立つものでした。

自分でニキビをつぶそうと思っていましたが、大きすぎるのできちんと除去できるかが心配だったのと、自分で除去してそれがニキビ跡になってしまったら困るので皮膚科に行って除去することにしました。

皮膚科に行ってこのニキビの事を相談すると、いろいろな方法があるけれども、素早くこのニキビを除去したいならレーザー治療があると言われました。

その場合は高濃度ピーリングを塗って、レーザー治療でニキビの外の部分、そして中の膿を除き去るという方法のようです。

私はその時いろいろな問題が重なり、このニキビが出来てこのニキビも大きなストレスの原因の一つでしたからレーザー治療で素早くニキビを除去することにしました。

実際にこの方法を試してみましたが、非常に効果がありました。

レーザーで小さな穴をあける時に針で刺されるような痛みを感じましたが、我慢できない痛みではありませんでした。

しかしニキビの中の膿を出す時は、足が暴れてしまうほどの痛みがありました。

レーザー治療で出してもらった膿を見ましたが、ウミの量が非常に多くこの膿がが肌の中にあったのかと思うと非常にびっくりしましたし、自分一人ではこの膿を全部書き出すことは難しかったと思い皮膚科に来てよかったと感じました。

そのレーザー治療を行った後、少ししてからかさぶたになりましたが、そのかさぶたが取れた後は綺麗な皮膚に再生され、非常に安心しました。


赤ら顔を治す方法|私はこうやって赤ら顔が治った!体験談